返送料金無料のご案内
返送料金無料のご案内
2018.3.8 執筆
2018.5.9 (文面一番下に)追記

「査定額に納得いかなければ返送料金無料(当店負担)制度」を開始(2018.3.8)しました。

2000年からネットでの宅配買取を行っておりますが、何度か「返送料無料」にしようか?という 考えが浮かんでは、即座に自分の中で却下されるということがありました。

なぜなら、性悪説に沿って考えると、売る気はないけど値段だけ知りたくて10箱着払いで送って 査定だけしてもらって、返送してもうことも可能になり、店側からすると結構リスクが大きい制度なのです。

そのため、宅配買取のリサイクル店などは「着払いで受け付けるけど、返送希望の場合は着払いで送ります」ということがスタンダードとなっております。

当店もずっとそのような形でやってきましたが、ここ最近、特に口コミサイトなどで同業他店においてお客様の声として

●HPや広告で高価買取と書いている商品を送ったのに全く違う値段を提示され納得いかなかったけれど返送料もかかるから了承しました
●キャンセルは電話連絡のみで返却費用も負担させられるので、金額に納得いきませんでしたが仕方なく売りました。
●新品を多数送ったのになぜか「C」とか「D」判定をされ説明を求めてもしてくれず、挙句のはてには納得いかないなら着払いで返送するとキレ気味に言われた
●複数の買取でも内訳は知らせてくれず値段と査定結果のメールに「合計査定金額」しか表示されていなかった。
値段も記載のものと全く違い高く買い取るとか嘘書かないでほしい
●高額買取をうたわれていますが足元見すぎ。HPや広告で高価買取と書くのは、誇大表示、嘘に当たるのでは??

などその他にも多く同様の口コミが書かれておりました。
同業種の人間としてとても悲しいと同時に、私自信の非力さに虚しい思いをしました。

査定額に納得いかなかった場合の返送が1箱あたり着払い(1000〜2000円)になることをいいことに、依頼者が二の足を踏むのにつけこんで ある種、強引に買取を成立させているような気がしてなりません。

もちろん当店も商売ですから、率直に言うと「利益」を生み出さなければなりません。
利益を生み出すことで従業員にお給料を払い、賃料や光熱費も払わなければなりませんので、 なんでもかんでも高く買い取れるわけではありませんが、市場価格(メルカリやヤフオク)に照らし合わせて 高く売れる商品は高く買い取るのが大原則です。

ここら辺が業界的な用語で言うと「転売ヤー」と「買取ヤー」の違いなと思っています。
※100円で取引されている商品を100円で買い取ることはできませんが
※10000円で取引されている商品を1000円で買うようなこともありません!*もっと高く買取値をつけます

少なくとも当店のスタッフは、コレクションされてきた依頼者に対して、市場価格に基づいて適正な査定をして、依頼者がコレクションされてきたアーティストに対するリスペクト(どのような想いでグッズを購入してコレクションされてきたか、 またどのような想いで手放すのか)も想像し思いを受け取った上で査定し、お金という対価で支払うべきだと教えています。

ただ単にお金儲けだけのために品物を右から左に流していけばいいというものではなく、 少なくとも当店は志(こころざし)として買取させていただいた商品は次のファンの方への橋渡し的な役割をさせていただいて 次の方に有効に使っていただけるようがんばっているつもりであり、不当に買い叩く業者が存在すること事態、不本意でなりません。

長々と長文になってしまいましたが、「着払いにて買取希望の商品を受け付けて、お客様が返送をご希望になられた場合もお店側が送料を負担する」のが 当店だけではなく、他店においてもスタンダードになれば、「返送が着払いになることにつけこんで買い叩くような悪徳業者」が淘汰(自然に無くなる)と思うので、 思い切って当店は「返送料金も無料」というような方向に舵をとった次第であります。


追記(2018.3.9 昨日より2件同様のお問合せがありましたので)
他店でキャンセルした商品を(手元には戻さないで)他店経由で送りたい?
お客様の方ですべて続きしていただけるのであれば構いませんが、1度ご自分の手元に戻らない=商品を再度確認 できないということは(商品を雑に扱う業者がいれば、お手持ちのときよりもより傷んでいたり、 未開封品が開封されていたり、下手すれば入れ忘れたりされれば足りない可能性もある)ということを考慮した上で、 ご判断ください。他店にあったときの取扱の状況や、雑な梱包で配送中の商品破損には対応できません。 当店は到着した時の商品および商品状態をもとに査定させていただきます。
※また買取査定に関しましても他店よりも高く買うということではなく、当店の基準にのっとり適正に査定させていただきます。

2018.5.9 追記
おかげ様で「返送料金無料制度」を導入して2ヶ月経過いたしました。
正直、導入前はすごく不安な面もありましたが、導入前も導入後も大きな変化はありません。
これもひとえに(当店を信頼して商品を送っていただいた)お客様のおかげだと思っております。
本当にありがとうございます。

まだまだ買取制度だけでなく、会社としてもまたサイト構築にしても至らない点、やらなければいけない課題などたくさんあることは重々認識しております。
ひとつひとつではありますが、お客様の信頼を得ながら前へ前へ進んでまいります。
今後ともよりよい商品を提供できるよう、また買取させていただけるようスタッフ一同精進してまいります。
「転売(屋)ヤー」と「買取(屋)ヤー」の違い
2020.7.31 執筆

端的に言うと、

「転売(屋)ヤー」
・お店や卸業者などから仕入れて→売る。B to Bの取引
・仕入れる物のジャンルにこだわりはなく利益率を追求
極端な例)100円で仕入れたものを10,000円で売る・・みたいな
関連ワード
・電脳せどり
・ポイ活

「買取(屋)ヤー」
・消費者から買い取って→売る。C to Bの取引。ブックオフが代表格
・特定のジャンルを専門的に扱っているお店が多い
例)ブランド品、本、トレカ(遊戯王など)

当店は・・・「買取屋(アーティストグッズだけを専門的に取り扱う)」です。
「転売屋」は物のジャンルにこだわりを持たず余剰在庫を買い取ったり閉店物件を買い取ったり、店舗で売っている商品を目利きで抜いてきたりして商品を仕入れています。
一方で「買取屋」は、不要になった特定のジャンルの商品をコレクター(一般消費者)の方から買い取って商品を仕入れています。
どっちが良い悪いということではなく、傍目に同じように見えても全く違うんです。
そして、ここで注意喚起したいのは
「買取屋」の看板を掲げた「転売屋」が存在するということです!

知ってか知らずか、不当な値段で商品を買い叩く。
業者(法人)相手であればそれはいいと思います。お互いプロ同士なんですから駆け引きがあっての交渉の意味合いもありますから。
ただこれが一般消費者であるなら専門的な知識をもったお店が不当に安く買い取るのはよろしくないと考えます。
具体的にいうと、3000円で売れるものを2割(600円)とか1割(300円)の買取値段しかつけないのは買い叩いているという表現が当てはまります。
好きで集めていたコレクション品を売っていただくのですからその思いも受け取ったうえで市場価格に基づいて適正な査定をして、お金という対価で支払うべきですし そうすることで売っていただく方に対して敬意を見せるのが当然ではないかと思います。
バカにしたような値段は提示すべきではありません。
消費者の方だって自分がコレクションしてきた商品がどのくらいの価値があるものかは肌感覚で分かるはずですから。

「買取屋」の看板を掲げた「転売屋」に注意!です。

想いがダブル部分もありますが「初めての方へ」ページもよろしければどうぞ


電話をかける
↑ ご意見ご要望も頂戴いたします ↑

PAGE TOP